就労継続支援B型事業所とは

就労継続支援B 型事業所とは?

就労継続支援B 型とは、障がいや難病のある方のうち、年齢や体力などの理由から、
一般就労で働くことが困難な方が、軽作業などの就労訓練を行うことができる福祉サービスです。

障害者総合支援法に基づく福祉サービスのひとつであり、比較的簡単な作業を、短時間から行うことが可能です。

年齢制限はなく、障がいや体調に合わせて自分のペースで働くことができ、就労に関する基礎や能力のスキルアップが期待できます。

事業所と雇用契約を結ばないため、賃金ではなく、生産物に対する成果報酬の「工賃」が支払われます。

 
<!–

就労継続支援B型を利用できる対象者

就労移行支援事業等を利用したが一般企業などの雇用に結びつかない方や、一定年齢に達している方などであって、就労の機会などを通じ、生産活動にかかる知識及び能力の向上や、維持が期待される方。
具体的には次のような例が挙げられます。

(1)就労経験がある方であって、年齢や体力の面で一般企業にこようされることが困難となった方
(2)就労移行支援事業を利用(暫定支給決定での利用を含む)した結果、B型の利用が適当と判断された方
(3)(1)(2)に該当しない方であって、50歳に達している方又は障害年金1級受給者
(4)障害者支援施設に入所する方については、指定特定相談支援事業者によるサービス等訓練計画の作成の手続きを経た上で、市区町村が利用の組み合わせの必要性を認めた方

 
–>

就労継続支援B 型事業所の利用方法

就労継続支援B 型事業所を利用したいと思ったら、まずはお住まいの市区町村の障害福祉窓口やハローワークで相談したり、WEB サイトなどを検索してみましょう。

ドリームライジングではどういった状況かを教えていただければ、次に何をしたら良いかをお話することも可能です。

もちろんドリームライジングを利用したいという方も利用開始までサポート致します。
情報を集めることで、どんなB 型事業所があるのかを知ることができます。

通院している場合は、病院やクリニックがおすすめの事業所を紹介してくれることもあります。
その上で、気になる事業所があれば見学を申し込んでみてはいかがでしょうか?

面談や体験利用をさせてもらえる事業所もありますので、実際の作業内容や雰囲気を掴んで利用を決めるといいと思います。

通いたい事業所が決まったら、市区町村の窓口で利用申し込みを行います。
申し込みの際には、どのサービスをどのように利用する意向があるのかを説明する「サービス等利用計画案」を作成する必要があります。

就労継続支援B 型事業所の選び方

作業内容は事業所ごとに異なるので、どんな作業をするかは、実際に事業所へ見学に行った際に確認するといいでしょう。

事業所によっては、数日間の実習を体験させてもらえることもありますので、そこで自分の技能やペースと合っているかをチェックしてみてください。

障がいの特性や自身の健康状態によっては、数時間の利用でも疲れてしまうことがあります。

また、通院の必要がある方もいるのでそういった場合に、利用できるのがB 型事業所の特徴です。

無理のない範囲での利用時間・日数を伝えて、どこまで受け入れてもらえるかを相談しましょう。

仕事を行っている利用者の様子や、利用者をサポートする職員の人数なども、事業所を決める大事なポイントです。

忙しすぎたり時間が空きすぎたりすることも利用者にとってはストレスになる場合があります。

事業所見学では、自分のペースで利用できる雰囲気かどうかも確認することをオススメします。
<!–

利用料

18歳以上の場合は利用者とその配偶者の所得、18歳未満の場合は児童を監護する保護者の属する世帯(住民基本台帳上の世帯)の所得に応じた自己負担の上限月額があります。
ただし、上限月額よりもサービスに係る費用の1割の金額の方が低い場合には、その金額を支払います。
その他に食費などについての実費負担があります。
–>
 

まとめ

・就労継続支援B型とは、就労訓練を行うサービスである
・サービス利用したい場合、まずは市町村の障害福祉窓口やハローワークで相談する
・B型事業所はそれぞれに特徴があるので、本人にあった事業所をみつけることが大事